HOME >研究内容 >金属錯体系イオン液体

研究内容

—外場応答性イオン液体—
外部刺激に応答して物性変化を示す多機能液体の開発

 イオン液体は、難揮発性、難燃性、イオン伝導性といった分子性液体とは異なる性質を示す液体です。私たちは、クロミック分子や金属錯体を用いてイオン液体を創ることで、電子物性(磁性・光物性・反応性)のスイッチング能を兼ね備えた、新しい機能性液体の開発に取り組んでいます。

 これまでに、光に応答して可逆的に顕著な色変化を示す液体や、光と熱で配位高分子との相互変換が可能な液体、蒸気・ガスを吸収して色変化を起こす液体、磁場に応答して結晶化挙動が変化する液体などを見出しています。


<参考文献>
Funasako et al., ChemPhotoChem, 2019, 3, 28–30.
Funasako et al., Chem. Commun., 2016, 52, 6277–6279.
Funasako et al., Chem. Eur. J., 2012, 18, 11929–11936.
Funasako et al., Chem. Commun. 2011, 47, 4475–4477.

神戸大学 大学院理学研究科 化学専攻 持田グループでの研究成果を含む